2009年12月05日

スペル(アリソン・ローマン)

ちょっと怖いのは見たくないとも思うんですが、ついつい見てしまう。
 心臓が・・・
スペル - goo 映画
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD15195/index.html


LLC銀行の融資窓口で働くクリスティンは、誠実な仕事ぶりで評価されている真面目な銀行員。その日、不動産ローンの延長を求めてやってきたガーナッシュ夫人に対し、クリスティンは上司と相談した上で申請を却下することにした。するとガーナッシュ夫人はこれに憤慨し、仕事が終わったクリスティンを駐車場で待ち伏せして襲いかかった。そして別れ際に彼女が発したのは、謎めいた呪文のような言葉だった…。[ 2009年11月6日公開 ]

スペル | ウーマンエキサイト シネマ(映画)
http://woman.excite.co.jp/cinema/movie/mov15195/
サム・ライミ監督が原点回帰を果たしたホラー
銀行の融資窓口で働くクリスティンは、誠実な仕事ぶりで評価されている真面目な銀行員。その日、不動産ローンの延長を求めてやってきたガーナッシュ夫人に対し、クリスティンは上司と相談した上で申請を却下することにした。するとガーナッシュ夫人はこれに憤慨し、仕事が終わったクリスティンを駐車場で待ち伏せして襲いかかった。そして別れ際に彼女が発したのは、謎めいた呪文のような言葉だった…。
『スパイダーマン』シリーズで知られるサム・ライミ監督が、『死霊のはらわた』の頃の彼の原点に回帰したかのようなホラー作品。ある銀行のローンデスクで働く女性行員がひょんなことから顧客の老人の恨みを買い、謎の呪縛にかかってしまう。ほんの小さな不親切が底なし沼のような狂気を生んでいく…誰の身にも起こりそうな日常生活に潜むささいな出来事を突くアイデアが恐怖感を倍増させる。と同時にヒロインが追い込まれれば追い込まれるほど、恐怖を通り越して笑いの要素が生じるところが面白い。ヒロインを『ホワイト・オランダー』のアリソン・ローマンが熱演。ガーナッシュ夫人を演じたローナ・レイヴァーの怪演ぶりにも注目だ。

監督: サム・ライミ
出演: アリソン・ローマン / ジャスティン・ロング / アドリアナ・バラッザ

2009年11月6日より TOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開
スペル
http://www.cinematoday.jp/movie/T0007943

http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/22646/
posted by キッス at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。