2009年11月26日

ヴィクトリア女王 世紀の愛予告編動画

ヴィクトリア女王 世紀の愛

7つの海を支配し、イギリスを「太陽の沈まない帝国」と呼ばれるまでに押し上げた、ヴィクトリア女王(エミリー・ブラント)。黄金期を夫婦で支え続けた女王とアルバート王子(ルパード・フレンド)は、19世紀当時からいまも、史上最高の理想のカップルとして、語り継がれている。しかし、真の絆を結ぶまで、 2人は数々の波乱と困難を乗り越えなければならなかった。母親との確執、王室の権力争い、政治家との駆け引き、2人を引き裂く疑惑、国民の暴動。そして、ヴィクトリアに向けて放たれた、一発の銃弾…。国と愛する人に人生を捧げた美しき女王の知られざる真実の物語を描く。製作を巨匠マーティン・スコセッシが手がける。

http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/22665/



スタッフ
監督: ジャン=マルク・ヴァレ
製作: マーティン・スコセッシ
脚本: ジュリアン・フェロウズ
撮影: ハーゲン・ボグダンスキー
音楽: アイラン・エシュケリ
衣装: サンディ・パウエル
キャスト
エミリー・ブラント
ルパート・フレンド
ポール・ベタニー
ミランダ・リチャードソン
ジム・ブロードベンド

英題: THE YOUNG VICTORIA
製作年: 2009年
製作国: イギリス/アメリカ
日本公開: 2009年12月26日
上映時間: 1時間42分
配給: ギャガ・コミュニケーションズ
カラー/シネスコ/ドルビーデジタル
http://www.cinematoday.jp/movie/T0007986


ヴィクトリア女王 世紀の愛 - goo 映画


「ヴィクトリア女王 世紀の愛」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

日本ではプラダを着た悪魔で有名に鳴ったエミリー・ブラントですが、顔立ちがはっきりしているせいか少しきつい印象を受けてました。
今回もプライドを持った女王の役回りなので単に綺麗な女優さんというよりは激しい恋を見せてくれるんじゃないかと期待できますね。
posted by キッス at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。